Re:リベンジ最終回・結末予想!相関図の大友Drから海斗の矢印の謎は?

  • URLをコピーしました!

2024年4月11日からフジテレビで放送される木曜ドラマ、

「Re:リベンジ-欲望の果てに-(Reリベンジ)」(りりべ)。

本作は原作がなく完全オリジナルストーリーです。

筆者

毎回驚きの展開が待っているということで、
最終回・結末予想をするのが楽しいドラマでもあります。
相関図の大友Drから海斗の矢印の意味も気になる!

そこで今回の記事では、

主演の赤楚衛二さんのコメントなどを参考に、

  • Re:リベンジ最終回・結末予想
  • 相関図の大友Drから海斗の矢印の謎

についてまとめたいと思います。

筆者

完全に個人的な予想になります!
みなさんも一緒に予想してみてくださいね。

目次

Re:リベンジ最終回・結末予想!

Re:リベンジの結末予想をする前に、

まずは主要人物と簡単なあらすじから見ていきましょう。

主要人物・あらすじ

●天堂海斗(てんどう かいと):赤楚衛二
天堂記念病院の理事長の息子で、現在は新栄出版の週刊紙記者。
●大友郁弥(おおとも ふみや):錦戸亮
高度なスキルを持つ心臓血管外科医。
●朝比奈陽月(あさひな ひづき):芳根京子
海斗の恋人で小児科の看護師
●鮎川賢二(あゆかわ けんじ):梶原善
外科部長。
●三輪光成(みわ みつなり):小木茂光
副院長。
●天堂市子(てんどう いちこ):余貴美子
海斗の叔母で院長。
●天堂佑馬(てんどう ゆうま):青木柚
市子の一人息子で、広報部で働いている。
●天堂智信(てんどう とものぶ):光石研
海斗の父で理事長。
●木下紗耶(きのした さや):見上愛
海斗の後輩の記者。

医師にならず記者として出版社に勤務している海斗。

恋人・陽月と順調な関係を築いていました。

しかし疎遠になっていた父が事件に巻き込まれた聞いたことで事態は急展開。

天堂記念病院へ向かった海斗は、

父が新病棟のプロジェクトを海斗に任せようとしていたことを知ります。

一方、海斗の恋人・陽月には心臓病を患っている妹がいました。

そんな彼女の前に現れたのが、

新任医師で心臓血管外科の名医の大友郁弥だったのです。

海斗は、

  • 野心
  • 欲望
  • 復讐

が入り乱れている天堂記念病院の中で、

権力争いと闘うことになるのでした。

最終回・結末予想①海斗自身が大きく変化する

ドラマ公式サイトの中で赤楚さんは、

物語が進むにつれて海斗にさまざまな変化が起きたところが演じていて難しかった。

と語っています。

またプロデューサーの足立遼太朗さんは、

今作の1番の見どころと言えるのは、
権力闘争や復讐の中で欲望がむき出しになっていく海斗。

と語っていました、

第1話の段階での海斗は、

父や病院と距離を置きながら、

仕事もプライベートも順調の普通の青年でした。

頭が良く、温厚なイメージの好青年でもあります。

しかし物語が進むにつれてそのキャラクターは大きく崩壊するのでしょう。

天堂記念病院の醜い権力争いに巻き込まれながら、

一度はかなりダークな世界に堕ちてしまうのだと思います。

権力を得たことで別人格のようになるのかもしれません。

しかしそのダークな世界での経験を経て、

最終回では大きく変化し成長した姿を見せるのではないでしょうか。

筆者

赤楚さんが海斗の心境の変化をどう演じ分けるのか楽しみですね!

最終回・結末予想②海斗と大友が和解する?

本作で鍵を握る人物は、

錦戸亮さん演じる謎の外科医・大友郁弥です。

海斗の父が事件に巻き込まれたタイミングで現れた大友。

海斗は大友の存在を怪しく思います。

さらに予告映像を見ると、

大友は海斗の恋人・陽月を親密な関係になることもわかります。

温厚だった海斗が闘争心や復讐心をむき出しにした理由は、

おそらく大友への憎しみでしょう。

しかし今作は二転三転する飽きさせないストーリー展開が特徴です。

大友が悪役で終わるというシンプルなものではなく、

最終回では大友は海斗の味方になるのではないでしょうか。

もしくは、

大友は海斗に敵対するように見せかけていて、

実は海斗のために動いていた可能性もあります。

最終回・結末予想③海斗と陽月は結ばれない?

ドラマ公式サイトの中で赤楚さんは、

今作の見どころは、

  • 復讐劇
  • ラブストーリー
  • サスペンス

など様々な要素が混ざっているところだと述べています。

海斗を取り巻く復讐劇と同時進行するのは恋愛模様でしょう。

  • 海斗
  • 海斗と結婚間近だった恋人・陽月
  • 陽月と親密な関係になる海斗の宿敵・大友
  • 海斗に想いを寄せる同僚・木下

この4人の関係は最終回でどうなるのでしょうか。

海斗と陽月が紆余曲折を経て結ばれる結末が自然でしょう。

しかし、

  • 海斗と木下
  • 陽月と大友

が結ばれる可能性もあります。

鍵となるのは陽月の存在です。

第1話の段階で陽月は、

将来を考えるならお父さんに会わせてほしい

と海斗に言っています。

小児科の看護師であり、心臓病を患っている妹の面倒を見ている陽月。

そんな彼女が、

病院の理事長の父を持つ海斗と付き合い、

さらに紹介してほしいと懇願するところに、

不穏なものが感じられます。

筆者

妹を助けたい一心で理事長の息子に近づいたのでは…
もしそうであれば、
妹を救ってくれる名医・大友に惹かれる可能性も高いですね。

さらに海斗は疎遠になっている父のことを

同僚の木下に打ち上げています。

筆者

問題が大きくなるにつれて、
相談に乗ってくれる木下の存在が大きくなる可能性もありますね。

最終回・結末予想④二転三転する結末

ドラマ公式サイトの中で赤楚さんは、

今作は毎話、最後の最後で驚きの展開が続くと明かしています。

おそらく最終回でも、

二転三転する怒涛のラストが用意されているのだと思います。

  • 黒幕は大友だと見せかけて実は真の協力者だった
  • 陽月は理事長の息子だから海斗と付き合っていた
  • 天堂市子と海斗の母との間には秘密があった

などの驚きの展開があるような気がします。

筆者

最終回は最後の瞬間まで
気が抜けない展開になりそうですね!

Re:リベンジ相関図の大友Drから海斗の矢印の謎は?

Re:リベンジの公式サイトでは、

今作の登場人物の相関図が公開されています。

これを見ると複雑な人間関係が一目でわかります。

しかし1つ気になるのが大友Drから海斗の矢印の謎です。

海斗から大友への矢印には「怪しむ」とありますが、

大友から海斗への矢印には「???」と書いてあります。

おそらく物語が始まった時点では、

大友の正体は謎に包まれています。

そのため「???」という表記になっているのでしょう。

それでは大友の海斗に対する本当の気持ちは

どのようなものだったのでしょうか。

大友Drは海斗を恨んでいた?

今作のテーマは「復讐」であることを考えると、

大友は海斗を恨んでいると解釈するのが自然でしょう。

それではどうして海斗を恨んでいるのか。

その答えとして考えられるのが、

腹違いの兄弟だからというオチです。

復讐劇にありがちな展開ですね。

海斗の父で理事長の智信。

彼はある女性と関係を持ち、

二人の間に生まれたのが大友郁弥という展開です。

筆者

この場合、智信は大友郁弥の存在を知らなかった流れが自然ですね。
何かのタイミングで父の存在を知った大友は、
義理の兄弟・海斗の存在も知ったのでしょう。

理事長の息子という恵まれた立場にありながら、

医師にならず記者をしている海斗。

大友はそんな海斗を見返すために、

医師としてのスキルを磨き続けたのでしょう。

そして智信は実の息子であるとは知らずに名医・大友郁弥を病院にスカウトした

という可能性はないでしょうか。

まとめ

2024年4月11日スタートの木曜ドラマ、

「Re:リベンジ-欲望の果てに-(Reリベンジ)」(りりべ)。

最終回・結末予想や、

相関図の大友Drから海斗の矢印の謎についてまとめてきました。

【Re:リベンジ最終回・結末予想】
①海斗自身が大きく変化する
②海斗と大友が和解する
③海斗と陽月は結ばれない?
④二転三転する結末

【相関図の大友Drから海斗の矢印の謎は】
・大友は海斗を恨んでいる可能性が高い
・腹違いの兄弟の可能性がある?

このような予想を立ててみました。

今作は予想したり考察して観るのが面白いドラマです。

ぜひみなさんも様々な結末予想をしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次